SYNERGY AMPS Bogner Ecstacy モジュール

iPhoneImage.png

昨日のUberschallに引き続き、Ecstacyも記事に残しておきまっしょい!

Uberschallほどハイゲインではなく、ブルーCHはクランチ〜ハイゲイン、レッドCHはハイゲインと言った感じで使い分けできるモジュールです。
レンジが広く、ミニスイッチ等で音作りの幅はかなり広いです。
若干歪が粗いというかブーミーな感じがあるので、前段にブースターかませた音作りがオススメです。
iPhoneImage.png
両CHにミニスイッチが装備されています。
PRE-EQとSCHIZOとあり、PRE-EQはN⇒B1⇒B2とゲインが高くなりエッジが利いた音になります。
ベースとなるアンプの標準はB2だとマニュアルにありますが、個人的にはB1で十分ではないかと。
SCHIZOはボイシングって奴かな?
M、V、Cと3段階あって、勝手にモダン、ヴィンテージ、クラシックと理解しています。
Mがレンジの広いモダンハイゲインになっていい感じです。
iPhoneImage.png
あとマニュアルにしか書いていないのですが、モジュールのカバーを外すと2つのスライドスイッチが現れます。
1つはREDチャンネルのサウンドを初期型の100Bと現行の101Bとに切り替え出来るのです。
コンプ感があるサウンドとオープンな感じのサウンドに切り替わりますので、好みで設定すると良いです。
もう一つのスイッチはAIRのON/OFFでゲインアップ、ハイとローの周波数帯拡張とのこと。確かにモダンハイゲインになります。これってecstacy custom的なサウンドなんかな?
歪み過ぎるので自分はOFFですが。
とにかく守備範囲が広いオールラウンダーで、ブースターとの組み合わせで様々な音作りが楽しめます。
レンジが広いのでTS系をかますとMIDがギュッと締まった歪になってイイですよん。
特にREDチャンネルはゴリっとした感じもあって上質なハイゲインです。
初期の頃のSYNERGYモジュールはクラシック感が強くてレンジが狭い傾向があり、GT-1000のEQでHIGHとLOWを足して補正していたのですが、後発のモジュールはレンジが広くて心地良いですね。
BognerモジュールはEcstacyもUberschallも両方素晴らしいので、ラックプリの方にモジュール2つ収めて使いたいなぁ。
SYNERGY AMPSはプリアンプの筐体さえ所有すれば次々にモジュール追加できるのでもう沼ですわ。
ぼちぼち発売されるであろうVHTのモジュールも良さげだし、ヤバイ!
いつしかヘッドかパワーアンプに手を出しそうな予感。。。

SYNERGY AMPS Bogner Uberschall モジュール

iPhoneImage.png

SYNERGY AMPSのBogner Uberschallモジュールがやってきました。

Ecstacyが凄く良かったので、楽天ポイントと給付金で(笑)

 

iPhoneImage.png

下段がブルーCH、上段がレッドCHになります。

ブルーCHでもかなりハイゲインで、ブースター不要です。

Ecstacyもそうだけど結構レンジが広いので、僕の環境ではTrebleは絞りめでいいです。

 

iPhoneImage.png

両CHともPRE-EQの3段スイッチで歪み方を調整します。

B2モードだとHIGHの歪み方がキツイのでB1がちょうどいいかな。

ブルーCHはCUT、レッドCHはBOOSTのミニスイッチがあります。

かなり強力に利くので通常はスイッチ使わなくていいと思いますけど。

 

Uberschallの実機は弾いたことないのですが、レッドCHはスーパーハイゲインですわ。

極悪に歪みます。

ブルーCHも十分にハイゲインですけど、個人的に使いやすいなぁという印象です。

エッジが利いてMIDにハリがあって抜けてきます。
Bognerモジュールめっちゃイイです。
スタジオ爆音で鳴らしたいなぁ。

 


5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510

iPhoneImage.png

ヤバい奴がやってきました。

この製品名の通りなのですが、PEAVEY 5150/6505のサウンドを再現したチューブプリアンプです。

 

iPhoneImage.png

ちゃんとチューブ使ってます。

12AX7が3本だそうです。

 

iPhoneImage.png

クリーン、リズム、リードの3CH構成でゲインとトーンは独立なので実機よりも音作りがしやすいです。

クリーンはVOLとTONEのみのシンプルな構成ですが、十分使えます。

リズムCHはクランチなんですけど、割とゲインは高め。

ややルーズなのでシャキッと鳴らすならカチっと鳴るオーバードライブを噛ますといいと思います。

リードCHはとにかくゲインが高い!

GAIN3くらいで十分過ぎ。

GAIN5以上だと歪過ぎてほとんど差が分かりません。

こちらもリズムCH同様にややルーズでブーミーな感じはあるので、少しローカットした信号を入れた方がすっきりするかもしれません。

非常に倍音が多く、何層にも歪が重なっている感じ。

EVH5150-3ヘッドと比べるとEVHの方がカチっと鳴ります。

VH-510はややルーズでワイルドです。

この辺は真空管を交換するとまた違った印象になると思います。

標準はTUNG-SOLが付いていたので、そのうちJJに交換してみよう!

 

iPhoneImage.png

使い方としてはGT-1000のLOOPにVH-510を入れました。

INPUT信号がローインピーダンスになってマッチしないので、EVA電子さんでインピーダンスMODしてもらいました。

これでギター直で繋いだ時と変わりない感覚のサウンドになりました。

ついでに外部からCH切り替えできるようMODしてもらいまして、GT-1000のAMP CTL端子と繋げば3CH全てにリモートアクセス可能になりました。

 

LOOP1にEVH5150-3ヘッドのプリ、LOOP2にVH-510を繋いで何度も切り替えて音出ししているのですが、遜色ない素晴らしいサウンドです。

PEAVEY実機のプリを4ケーブルメソッドすると、LOOPの信号レベルが低いのか音の変化がありすぎて使いにくかったのですが、VH-510はGT-1000とのマッチングもバッチリです。

足元完結でブラウンサウンドというか5150サウンドが堪能できる事に感動してしまいました。

と同時に機材探しの旅が終わってしまった感がきちゃいまして、寂しさを感じております(笑)

 

本物のチューブハイゲインが堪能できるプリアンプです。

特にPEAVEY期のエディーサウンド求めている方には絶対オススメでございます。

 

 


AIRDプリアンプでEVH5150-3風サウンド

BOSS GT-1000の内蔵プリアンプAIRDを活用すべく、EVH5150-3ヘッドを4CMしたサウンドと比較しながら音作りしてみました。

外部ペダルとの組み合わせでチューブのニュアンスも付与され、イイ感じになってきました。

 

iPhoneImage.png

ターゲットはEVH5150-3 50WヘッドのCH3です。

GAIN4、TONEは全てセンターで普段使っていますので、このプリアンプサウンドをGT-1000のLOOPに4ケーブルメソッドして鳴らしています。
抜群のサウンドなので、これをボード内で再現できないかなと思ってチャレンジ!
iPhoneImage.png
AIRDプリアンプのパラメーターは、
TYPE:MAXIMUM
GAIN:40
SAG:+7
RESONANCE:-7
LEVEL:50(適)
BASS:70
MIDDLE:32
TREBLE:47
PRESENCE:50
GAIN SW:HIGH
AIRDのパラメーターは結構シビアで少し数値を変えるだけで音がかなり変わるので難しいですね。
RESONANCEは上げていくと高音域が出てこなくなるので下げ気味です。
MIDDLEとTREBLEの値もシビアでした。
50を基準に上げ下げして、雑味に感じる部分を抑えたポイントがこの数値になりました。
気持ちローがブーミーなクランチになっていると思います。
その後ろにEQを配置して出音を整えます。
TYPE:GRAPHIC
125Hz:+1dB
250Hz:+2dB
500Hz:+1dB
2kHz:−1dB
4kHz:−1dB
8kHz:−1dB
16kHz:+1dB
低音域はプリアンプ部のLOWを強くしただけでは足りないので全体的にブースト。
ミッドハイの部分がまだ強いと感じたので気持ちカット。
プレゼンス強調のため16kHzを気持ちブースト。
この部分は鳴らす環境や前段のブースターとの相性で変化させた方が良いと思います。
iPhoneImage.png
で、キモとなるのがグリーンのVOX straight6 チューブオーバードライブです。
少し前まではBOSS OD-200がこの位置にいたのですが、試しに使ってみたら凄く良かったので。
これをGT-1000のLOOPに入れて、AIRDの前に配置しブースターとして使います。
チューブらしい粘りとニュアンス、飽和感が加わってとても気持ち良い音になります。
クセが少なく、キメ細かく歪んでくれるのでどのアンプにも合わせやすいと思います。
これじゃなくてもアナログオーバードライブでブーストさせると音が立ってくる感じで良い気がします。
OD-200ですと、CENTA ODが好みでした。
これ以外にも私のGT-1000はMODされていたりEVA電子さんのスタビライザーを使っているのでノーマル機とは仕様が違いますが、EVH5150-3ヘッドのプリとかなり近いニュアンスのサウンドが得られましたので是非お試し下さい。

Marshall MX112 VS 1912

iPhoneImage.png

Marshallの12インチ1発キャビネットMX112をポチりました。

1912が生産完了で後継がコレらしいのでどんな感じかなと思いまして。

 

iPhoneImage.png

1912と並ぶとこんな感じ。

プレートがある分1912の方が高級感ありますね。

外寸は一緒です。

 

iPhoneImage.png

側面はこんな感じ。

1912は両袖に取っ手がありますが、MX112は上部にあります。

重さは13kg程度なので、MX112のように上部に取っ手があった方が片手で持てるのでいいかな。

 

iPhoneImage.png

背面です。

基本同じです。

1912の方がビスにワッシャーがあるので高級感あります。

1912はEngland製、MX112はベトナム製。

 

iPhoneImage.png

MX112の中身です。

セレッションのユニットが搭載されています。

割と明るめの音でオールジャンルに対応できそうなサウンドですが、もう少しLOWと解像度の高さが欲しいかなといった印象のユニットでした。

デフォのままで使用すると、個人的にはややチープさを感じるサウンドでした。

このキャビの評価が低いのはこのユニットとの相性ではないかと思うのですが。

 

iPhoneImage.png

参考までに1912の中身です。

ユニットはお気に入りのPEAVEY 6505に交換しています。

取っ手が中に張り出している以外はMX112と一緒です。

集成材で板厚も構造も同じです。

 

iPhoneImage.png

1912は結構な面積で取っ手が張り出すのですよ。

少しは音に影響があると思います。

 

iPhoneImage.png

コーナープロテクターの部分も1912は鋲がうってあって高級感ありますが、MX112はビス止めです。

 

iPhoneImage.png

当然ながらユニットはお気に入りのPEAVEY 6505へ交換しました。

これで鳴らしてみると1912と遜色ないどころか、取っ手が張り出してない分容積が異なるのが影響しているのか僅かながら音がふくよかになって飛んでくる印象です。

MX112 ルックス的にはコストダウンしている部分はありますが、構造がしっかりしててきちんとした音を出してくれます。

あとは好みのユニットに付け替えていろいろ試しているのもいいんじゃないでしょうか!

12インチ1発キャビ、過去いろいろ試しましたけどやっぱりMarshallが好みですね。

MX112コスパ素晴らしいと思います。

後継機がちゃんとしてて安心しました。

 


BOSS MT-2W 技 WAZA CRAFT

iPhoneImage.png

こちらもちょっと前に自爆したBOSS MT-2Wです。

いろいろレビュー見てて、通常モデルとは別物という評価が多かったので試してみたくてポチりました。

スタンダードモードは基本平常運転でした。

これぞMETAL ZONEという音です。

この音、ROCKMAN時代の松本さんの音出すのにいいなとずっと思っているのですがどうですかね。

で、カスタムモードですがこれは激変でした。

評価の通り、ワイドレンジで改造マーシャルのようなハイゲインサウンド。

ゲイン幅も広く、クランチからハイゲインまでOK!

EQもめちゃくちゃ利くので音作りの幅広いです。

とにかくレンジが広いのでプリアンプとしても使えそうな感じ。

これもクランチ気味にして前段Overdriveでブーストさせると歪の質感が変わって面白いです。

ディスクリートの恩恵か、とにかく音が太くてスムーズですね。

このカスタムモード、汎用性も高くて使えると思います。

中古だと1万円ちょっとからあるのでコスパ高いです。

BOSSだからこその素晴らしいペダルだと思います。

これは是非お試しいただきたいですね。

 


FRIEDMAN Motor City Drive

iPhoneImage.png

最近ブログ更新が滞ってるので久しぶりにレビューを!

FRIEDMAN Motor City Driveです。

12AX7真空管1本使ったOverdrive/Distortionですね。

FRIEDMANなのでハイゲインを期待しましたが、実際は中音域がファットでミディアムゲインなペダルです。

GAINを上げていくとSynergy AmpsのHBE同様FUZZのように歪みはじめます。

私好みのハイゲインで使うならば、クランチ気味にして前段にOverdriveでブーストさせた方がすっきりとしたハイゲインが得られます。

これチューブらしい飽和感が満載でなかなかの心地良さです。

220V動作は伊達ではなさそうです。

TONEの利きはそこまで良くないというか、これがFRIEDMANサウンドなんだーって感じです。

Synergy AmpsのHBEプリしか弾いたことないですが、同じようなニュアンスでした。

これ意外と軽いのでボードに入れてもラクだと思います。

デジタルの歪に飽きてチューブらしいペダルが欲しいなって思ったら是非お試しあれ!

ボードに入っているだけで存在感あるペダルです。

 


第5回九州クラシック・ロック・フェスティバルに出演します

ここでの告知忘れてた。

2/8(土)、2/9(日)福岡中州Gate's7で開催されます「第5回九州クラシック・ロック・フェスティバル」にPON HALENで出演します。

まぁ〜凄いバンドさん達が集まるフェスでワクワクしてます。

以前からオファーいただいていたのですが、やっとメンバーの都合がつきまして出演させていただくことになりました。

初日の2/8(土)に2バンド目で出演予定。

タイムスケジュールは以下の通りです。
16:30 Graf Zeppelin II
17:25 PON HALEN
18:20 Loubie Brothers
19:15 Trio The Rainbow
20:10 Moby Dick
21:05 Ritchie Misaki & Friends
チケット:前売り2,500円、当日3,000円(要1ドリンク)
他のバンドさんに負けないようにVH王道ヒットパレードで盛り上げますよん!

Gate's7はIPON MAIDENで出演して以来2回目だ、楽しみだ!

ご来場お待ちしております。

 

 


MONSTERS OF HARD ROCK@MOVEment20191229

昨年12月29日にMOVEmentさんでライブイベント開催させていただきました。

今回はサミポンのボーカル トシちゃんが年内で卒業ということで「トシ忘れ」でございました。

 

iPhoneImage.png

 

iPhoneImage.png

 

【セットリスト】

1.WHY CAN'T THIS BE LOVE

2.CAN'T STOP LOVING YOU

3.WHEN IT'S LOVE

4.RIGHT NOW

5.HUMANS BEING

6.DREAMS

7.PANAMA

-uncore-

8.JUMP

 

私の機材は、

iPhoneImage.png

EVH5150-3 6L6ヘッドを持ち込み、お店のMarshallキャビをお借りしました。

 

iPhoneImage.png

足元はBOSS GT-1000です。

今回、CAN'T STOP LOVING YOUのイントロでAC SIMを使ってみましたがなかなか良かったです。

1つのパッチでAC、バッキング、オブリ、ソロと切り替えできるように設定したのですが、カレントナンバー、EXPペダル、CTL SW(FS-7)を駆使しまして割とスムーズに出来ました。

あと、ギターソロ時のブースターにシグネイチャーODを使わせていただきました。

まぶしく光っているのがソレです。

げんさんありがとう!

GT-1000以外のワイヤレスレシーバー、OD、スタビライザー、FS-7は充電式パワーサプライで電源供給したのでノイズも気にならなかったですね。

アンプはインピーダンスMODしたので明らかにレンジが広がっていました。

動画見るとややドンシャリ気味でもう少しローとハイを削るくらいが良かったかなぁ。

マイキャビだったらもうちょっと出したい音出せたかなと。

今回、特に3弦のチューニングがすぐズレてしまって苦労しました。

やっぱ前日の弦交換はやめよう!

せめて3日前で弦も慣らしてからじゃないと安定せんなぁと思いました。

 

対バンのHEADROCKさんはズルい選曲でした。

エクストリーム、ミスタービッグ、ドッケン、、、

ドリームシアター聞きたかった。

お陰様でアットホームで楽しいイベントができました。

すぐ近くの居酒屋で打ち上げもできるので、このパッケージ楽しいです。

年末のお忙しい中、ご来場いただいた皆様、HEADROCKさん、M店長とスタッフさんに感謝です。

本当にありがとうございました。

2月はPON HALEN出演のイベントが決まっているので頑張りまーす!

 

 

 

 


位相の確認

iPhoneImage.png

機器の位相確認用にEVA電子さんから位相信号検出器と位相基準信号発信器を購入しました。

https://www.evaemis.com/product31.html

何年か前に検出器のみ購入していたのですが、うまく測定できなくてしばらく放置してました。

ちゃんと位相チェックしないといかんなということで発信器も購入。

発信器が定間隔で信号を出してくれるので、それを検出器のマイクで拾うだけで正相か逆相か判定してくれます。

MOOERのMicro Preamp 005が逆相なのも確認できましたし、EVH5150-3ヘッドのCH1とCH3は正相、CH2が逆相だということも分かりました。

逆相の場合は出力が逆相になるエフェクターを繋ぐなりすると正相になります。

例えばEP BOOSTERは出力が逆相になるので逆相対策に使えますね。

ただ、既存システムが正相の状態でEP BOOSTERをかますと逆相になってしまうので注意が必要だなぁと思いました。

 

逆相だとやっぱり音が引っ込んで聞こえるというか、音が固いというか、スピーカーの+−を逆に繋いでしまっている状態と同じなので、それで「音抜けが。。。」とか言ってもそりゃそうでしょってなりますわなぁ。

 

iPhoneImage.png

私の場合はEVA電子さんのスタビライザーをワイヤレス後のバッファとして使用しているので、位相反転もスイッチ切り替えるだけで簡単です。

https://www.evaemis.com/product20.html

外部CTL端子もありますので、例えばGT-1000のAMP CTLを使えば位相反転がリモートでできます。

実際EVH5150-3ヘッドのCH2を使う時は位相反転にリモートしてあげたらバッチリでした。

チューブアンプはCH毎に位相が異なる仕様になっている場合が多いらしいので、ちゃんと位相チェック&コントロールしていい音を楽しみたいものですね。

これ凄い効果があるのでギタリストのみならずベーシストの方もお試しいただけたらと思います。

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
楽天アフィリエイト
Twitter@shino5150
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    SHINO (05/09)
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    Kenny (05/06)
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    SHINO (05/04)
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    MT (05/04)
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    Kenny (05/03)
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    SHINO (05/02)
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    Kenny (05/02)
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    SHINO (04/30)
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    Kenny (04/30)
  • 5150系チューブプリアンプ d-sound VH-510
    MT (04/29)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM